台南×京都の素敵な出会い!台南発の手作り靴「花見小路hanamikoji」

台南知事官邸にある手作り靴屋「花見小路hanamikoji」。初めて「花見小路hanamikoji」の靴を見た瞬間にその可愛さに一目惚れしました。



「花見小路hanamikoji」は2013年、台南の女子二人AbbyとIreneが京都を旅したことをきっかけに生まれました。京都の町を散策し、町の美しさや人の優しさ、京都の持つ独特な雰囲気に深く感動し、京都と彼女たちが住んでいる台湾の古都・台南には、共通点があるとも感じました。かつて首都だったという歴史的背景から豊かな文化を持ち、人情味溢れる場所となった2つの都市。どうしたらこの2つの街を結びつけることができるかを考えるようになりました。そこで、京都で二人が心をつかまれた花柄の布地や日本を感じられる柄の布地を台南に持ち帰り、靴を作ることを決めました。40年以上経験がある靴職人さんと協力し、女性目線で、自分たちが本当に履きたいと思える靴作りを始めたことをきっかけに「花見小路」が生まれました。AbbyとIreneにとって、「花見小路」というブランドは大好きな京都と自分が育った故郷を結びつけるだけではなく、大切な旅の記念品だそうです。


あなたと旅する履き心地の良いシューズを。
一歩踏み出せるきっかけになる。そんなステキなシューズを。—「花見小路hanamikoji」

かわいいデザインのスニーカーはオシャレのために足の痛みを伴うことが多いです。「花見小路hanamikoji」は旅の時でも歩きやすいかわいさを持つフラットシューズを目指します。日本で買い付けた生地を使って、メイドイン台湾のユニークさと優れたデザインを融合してシューズを作っています。

台南知事官邸本店に一歩入ると、白い壁と明るい窓にかわいいシューズがたくさん飾られています。とてもあたたかくやさしい雰囲気が伝わってきて、店内にいるだけで本当に幸せな時間を過ごせます!


TABI ハイカットタイプ 

私が一番気に入ったシリーズTABI ハイカットタイプ」。あまり目立たないですが、裏地はかわいい花柄です。ハイカットなので、足首部分を折り返して花柄をワンポイントとして見せて履くこともできます。


TABI ハイカットタイプ  まんまる

布地は数量限定で、無くなり次第終了です。毎時期違う花柄が登場します!


【 青衣 × hanamikoji 】「りんご飴」「たんぽぽ」「富士山」

他にはスニーカータイプ、ストラップタイプ、Tストラップタイプなど様々な種類があります。最近日本のブランド「青衣」とコラボしたシリーズも人気だそうです!ぜひお気に入りを見つけてください!

台南内にいくつか取扱店はありますが、やはり一番品揃えが多く、ブランドの雰囲気があじわえる本店がおすすめです。(最近台北の誠品にも専門店がオープンしました。)日本ではオンラインショップを通じて購入できますが台湾内で購入する方がお値段がお得です。

花見小路hanamikoji】
台南知事官邸本店
住所:台南市東區衛民街1號
営業時間:10:00–18:00
定休日:月曜日

誠品生活南西店
住所:台北市中山區南京西路14號
営業時間:日~木11:00~22:00金~土 11:00~22:30

HP:
https://hanamikoji.jp/ (日本語)