過去と現代を繋ぐ台南のランドマーク「林百貨(ハヤシ百貨店)」

「林百貨(ハヤシ百貨店)」は台湾の近代文明の最盛期である1932年にオープンしたデパートです。日本人の経営者・林方一が作った「林百貨(ハヤシ百貨店)」オープン当時は、台南で唯一のエレベーター付きのモダンな建築物として、地元に人たちからは「五層樓仔(5階建てのビルの意味)」と呼ばれたそうです。その後第二次世界大戦が始まり、終戦後廃業となりましたが、2014年にリニューアルオープンし、現在の林百貨に生まれ変わりました。創業当時の雰囲気がそのまま残された林百貨、今はメイドイン台湾の雑貨、クリエイティブグッズなど、台湾の「今」を代表する品々が揃っている台南の人気スポットになっています。

林百貨の館内は、フロアごとに台湾のお土産、デザイン雑貨やファッションなどのテーマが決まっていて、色んな商品が並んでいます。

1F 台南好客廳・食べ物やお土産はココ!

1階は台湾を代表する各地の名産品が揃っています。台南の地元名物はもちろん、台湾各地の厳選された名産品も並べられています。


左:ドライフルーツ  右: 調味料 

ドライフルーツ、調味料など、台湾の食料品も多く販売しています。


奉茶茶房

奥に「奉茶茶房」という店があります。お茶や台湾の独特なドリンクが販売されています。ちなみに、こちらのタピオカミルクティーアイスクリームも人気ですよ!


エレベーターのインジケーター

林百貨で最も話題になったのはエレベーター(台湾では流籠(リュウロン)と呼ばれています)です。林百貨店は南台湾で最も早く近代的なエレベーター施設を導入した建物の一つであり、制服姿のエレベーターガールが乗務し操作を行っていました。元々エレベーターの定員は12名で、リニューアルの時に既存のガイドレール構造を保存するために6人乗りのサイズに縮小しました。

2F 台南好設計・デザイナーとコラボ!オシャレな雑貨はココ!

2階は台南地元のブランドが中心に出展され、そのほか台湾各地で活躍するデザイナーのグッズもあります。また林百貨と各ブランドのコラボ商品やここでしか手に入らない林百貨オリジナルグッズも!


左:「旗袍(チーパオ)」という中国の伝統服をイメージして作った鞄 
右: 台湾人デザイナーによるプリント生地ブランド「inBloom印花楽


左:刺繡靴
右:台南x京都の古都コラボ手作りシューズ「花見小路hanamikoji」


左:台湾の代表的なフルーツのかわいい刺繡財布
右:台湾の伝統的な手作り石鹸「モンガ石鹸


左: 「林」マークが入ったポーチ。台湾らしいデザインで一番人気の商品だそうです! 
右:「椪餅(ポンピン)」という台湾の伝統なお菓子のかわいい財布。「林」マークの印がレトロ

3F 台南好時尚・ファッションはココ!

3階は洋服、アクセサリーなどファッショングッズのフロアです。


台湾のフェアトレードブランド「繭裹子Twine」。環境に優しいというコンセプトのもと、リサイクルの生産方式にこだわる雑貨を販売しています。


台湾の注音符号を中心でデザインしているブランド「HEY SUN」。
(注音符号は台湾の中国語(繁体字)の発声記号で、日本語のフリガナに近いものです。)

4F 台南好文化・カフェ、本と音楽

カフェ、本屋、CDショップ、展示スペースのフロアです。


林咖啡


広い空間で、おいしいコーヒー、台湾のお茶、スイーツを堪能することができます。


上:ライチ→トマト→マンゴー→ゆず
下:リュウガン→Hefeweiaen with Perilla→American Pale Ale→Pale Ale with Lemon

林咖啡で販売されている台湾フルーツビール!カラフルなラッピングがかわいくて、味も独特ですよ!

5F 台南好美味・台湾グルメはココ!

5階はレストランフロアです。


豆花老舖「茂記黒豆花」


豆花(トウファ)+はとむぎ 40元

台湾の人気スイーツ「豆花(トウファ)」。絹ごし豆腐のような食感で、シロップと豆花に様々なトッピングなどをして食べます!温かいものと冷たいものが選べて、一年中食べることができます。

台南の安平にある豆花老舖「茂記黒豆花」!有名店の味をなんと林百貨で食べることができるんです!黒豆で作った豆花が特徴的な「茂記黒豆花」。白い豆花よりも黒豆の豆花は体に良いと言われていますよ!


豆花のほか、こちらの店で色んな台湾グルメを食べることができます!

6F 台南好風景

6階屋上に登ると台南の街の景色が望めます。屋上には「末広社」と呼ばれる神社があります。1932年開業当時、産業の主護神として信仰されていました。今は台湾の商業建物に現存する唯一の屋上神社なのだそうです。

神社横の突き出た建物は、元々エレベーターのシャフト及び機械室として機能しており、当時この場所から運河や安平方面の海を眺めることができます。残念ながら今は立ち入り禁止です。

林百貨の屋上には、日本時代からの長い歴史の流れを伝える様々な痕跡が大切に残されています。ここを訪れたらぜひ6階まで上って時代の流れを感じてみてください。
林百貨は過去と現在を繋ぐ新しいスタイルの百貨店。10時半から21時半まで開いていますので、日帰り台南観光の方にもおすすめ。買い物もひと休みも気の向くまま自由に楽しめるスポットです!

【林百貨(ハヤシ百貨店)】
住所:台南市忠義路二段63号
営業時間:10:30~21:30
HP: http://www.hayashi.com.tw/page.asp?nsub=A8A000&lang=J